ナシバロンニュースネットワーク[第1号]

南瓜社会主義政府発表:
南瓜社会主義政府は、南瓜社会主義共和国の名称を植民地独立後、ナシバロン人民共和国へ国名を変更すると発表した。
独立後は、ナシバロン人民共和国として巨大で繁栄している社会主義国家を目指し、国家建設を進める。

また、南瓜社会主義共和国北西島での自由主義勢力による不審な行動について、政府は、
この自由主義勢力は、旧南瓜連邦共和国自由主義政府の中心勢力「南瓜自由党」の勢力であると発表した。また、南瓜自由党は南瓜共和国の建国宣言を行ったことを確認した。
南瓜自由党は、南瓜連邦建国時に発足した国内最大の自由主義勢力である。
GUN時代のユークトバニア連邦との戦争のとき、南瓜連邦は社会主義化して、南瓜自由党の活動はほぼ停止した。しかし、セイレン防衛戦争時、不安定となった旧南瓜連邦社会主義政府の隙を突いて南瓜自由党は復活。そして南瓜自由党を中心に反社会主義者とクーデターを起こした。
その後、南瓜自由党が中心となった反社会主義勢力は旧南瓜連邦社会主義政府を破壊。再び南瓜自由党を中心とした自由主義の連邦国家の建設を行った。
しかし、ユークトバニア内戦のときに南瓜連邦は敗北。南瓜社会主義政府発足と同時に南瓜自由党は社会主義政府によって南瓜社会主義共和国中央島より追放され、それから行方不明になっていた。しかし、南瓜社会主義共和国軍の北西島防衛部は北西島での自由主義勢力の不審な動きを発見したと発表したため、社会主義政府では緊張が走っている模様。

南瓜社会主義共和国政府は、南瓜自由党に対する対応として、
北西島からの追放を決定している。南瓜共和国は当然、承認しない方針である。
[PR]
by kabokabocha | 2005-10-18 20:33 | 現箱
<< 食糧供給安定化 スカラー波 >>