カテゴリ
全体
一般
現箱
未分類
以前の記事
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


雑記

30kmの競走歩大会は予定通り昨日行われ、ちゃんとゴールしましたよ。
結果からいえば男子の参加者298人中290位とかだった。時間は4時間40分くらい。非常に遅い。
最後の方とか足がくんがくんで、もうだめぽ状態。22km越えたくらいから歩くことしかできなくなった。
1位は1時間50分ぐらいらしい。すごいな。おれの2倍以上の速度で走ってるようだ。
最後は少しスピード上げてからゴールインしようかと思って、ちょっと走ってみたら両足が同時に攣って、
ゴールの直前でこけそうになりつつゴールに飛び込む。そしてすぐにこける。
体育の先生が近くにいて、おれの足を延ばして治してもらう。
だが5分間くらい歩けなかった。その後ふらふらながら低スピードで歩けるようになったが。
今日はゆっくり休んだが、やっぱあまり歩けない。足がふらふらする。階段の上り下りがきつい。

まぁ順位はともかくとして、とりあえずゴールできたわけだ。うん、よかったのです。


現箱関連。
おれが管理引き継ごうかなとしておりますよ。
さくらで鯖借りたし。
ちなみにアドレスはhttp://kabocha.sakura.ne.jp/である。
あ、まだ金払ってないな。払わなきゃ。
けろきち氏とメッセで話した結果、今週くらいにけろきち氏から現箱CGIスクリプトをいただいて、試験的に設置してみてちゃんと稼動したら移行する予定。早ければ3月前には新鯖への移行を行う可能性もあります。てか、これでCGI設置に失敗したらどうなるんだ。自信がなくなってきたぞorz
おれが管理することについて現箱ユーザーがどう考えているのかが知りたいものだ。一部にはかぼちゃよりもSuica氏が管理をした方がいいという声も聞かれる。特に自分とメッセしたことがない国家の意見は聞けないわけで。そういう部分では本当にかぼちゃが管理していいのかと自分で考えたりすることもある。


さて現箱の世界情勢だが、腐海が発生しすぎのようだ。
エルジアの腐海はエルジアやセファリア、セレーニアにより潰し終わった。エルジアってこの前も出てたよな。非常に大変そうである。
トランシルバニアの腐海は国土の半分以上が侵食されているようで、現在、こちらもセレーニアやセファリアが潰しているところである。さらに食糧関連施設まで大規模にやられており、うちが食糧は援助してるが。。。
天城氏は気づいてないのだろうか、まったく動きがないようだ。
都市部に入り込んできてるし。どうしようかねえ。都市部とか首都近くにきてもらうとミサイルの誤差をいつもよりも考えなきゃならないから難しい。

そういえば、うちの国は参加してから、いままでの2年半くらいの間、一度も大規模腐海被害がないんだよなあ。広がっても2~3hexくらいにおさまってる。ああ、そうか、おれが暇人だから現箱の自国の確認をしょっちゅうやってるから対応がはやいんですね。いいことなのか悪いことなのかよくわからんよ(あ
[PR]
# by kabokabocha | 2007-02-11 22:02 | 一般

修学旅行

いまさらだが修学旅行ネタでも書こうかと思った。
昨年12月13日から12月17日まで修学旅行に行ってきた。
携帯は持っていってはいけなかったが、持っていった。それで旅行先からブログ書いたりしようかなーと思ったが、面倒だったから書かなかった。てか電池節約のために最低限しか電源入れてなかったし。メールとかメッセとかを主にやっていた気がする。

12月13日。初日。
朝の5:40ごろ父の車に乗り、学校へ出発。といっても、学校の校舎の一部が耐震工事中で工事関係の物が敷地内にたくさん置いてあって、バスは学校敷地内に入れないから、学校の近くにある福祉施設みたいなところの駐車場に停車していて、集合はバス内だった。
んで7:00前には学校を出発。高速道路で福岡空港に向かう。
福岡空港に到着後、搭乗券をもらい荷物を預けX線検査をやったりする。んで、昼食の弁当をもらう(機内で食べるもの)。が、問題が起きた。機内に乗り込んで弁当を眺めていて、食品添加物の表示みたいなのを眺めていると、合成着色料とかサッカリン云々などすごいアレなものがいっぱい入っている。おれはそういうのはあまり食べないにようにしているから、さすがに食べたくない。朝飯食ってないので腹減ってるし、これを食べないってことは昼食も食べないことになるが、それでもこれを食べようとは思わない。だから友達に「食欲ないから食べてくれ・・・。」と言って押し付ける。友達が「100円くれたら食べてあげるよ。」って言ってたから「はいはい、後で100円あげるさ。」と言う。友達喜んでいた。おれも喜んだ。
まぁそんなこんなで飛行機は羽田空港に向け飛行をし、11:30前に羽田空港に到着する。
到着ロビーは我が高校の人間でごった返しており、荷物については最初に一般客が取って、その後にうちの高校生が取るという形になった。
んで、空港の建物から出て、バスに乗り込む前に大きなバッグから手持ちのバッグに携帯を先生に見つからないように入れる。
そしてバスに向かう。そこにあったバス車両は日野の新型セレガである。うわー、これ前からずっと乗りたかったんだよね。熊本の産交の高速バスにも新型セレガ入ってるけど、高速バスなんてそんなに乗る機会ないしさー。こんなところでこれに乗れるとは思ってもなかったよ。それに8クラス(バスは1クラス1台で8台)中、2クラス(つまり2台ある)しかこれに乗れないし。いやー、ラッキーだねえー、すごくうれしい。とあのとき思っていたのはかぼちゃだけだろう。そのバスが新型セレガかなんてそんなのほかの人、気に留めていないっていうか知るわけがない。
バスは羽田空港を出発し、長野の志賀高原に向かう。予定では到着まで5時間くらいかかるようだ。途中休憩が2回ある。
わーい、新型セレガに5時間も(以下略
クラス全員が乗ってもバスの席は結構空いているので、酔いやすいおれは2人分の席を確保する。
そして、バスが出発する。熊本から福岡へのバスは当然ガイドさんはいないが、ここからはガイドさんがいる。
バスは首都高速に乗る。おー。これは良い首都。フジテレビを裏から見る。レインボーブリッジみたいなところを通る。思った通り、橋自体はべつに大したことない気がする。んで橋を通っているときガイドさんが言った。「えっと、あそこに東京ビッグサイトがありますよね。あそこで有名なイベントがあってるんですよね。電車男とか見た人はもしかしたら知ってるかもしれないけど。」とガイドは言う。「あー、コミケか。」とおれは思う。ガイドさんは「まぁ知ってる人もいるとおもいますけど、あそこでコミケがあってます。私の友達はコミケに行くために、毎回、遠くから来て私の家に泊まるんですよね。迷惑です。」と言った。コミケ自体を知ってる人が少ないのか知らんが、反応をする人も少なかったように思える。
そして首都高速をさらに通り、大手企業の本社ビルやら東京タワーやらを見る。やっぱすごいねえ、高層ビルばっかじゃん。熊本とか福岡とは全然違うな、いや当たり前だが。初めて来たが、本当にすごい。
そして携帯を手持ちのバッグから取り出して、電源を入れる。メール受信する。メール1通。ふるーるからのようだ。何か西工のバスの写真が来ていた。神奈川中央交通のやつらしい。そしてふるーると何通かメールする。電池節約のために短時間しかメールはできない。母の携帯についでにメールを送っておく。そして携帯の電源を切って、また外を眺める。
バスは関越自動車道に入っていく。どこかのサービスエリアで休憩を済ませ、長野に向かっていく。
その間、高速道路沿いのいろいろな有名なものなどについてガイドさんが説明を行っていた。

まぁそんなこんなで長野に入る。長野に入ってからいっときすると、雪がところどころに少し積もっているのが見える。
バスは途中で停車し、チェーンをつける。そして山を上っていく。山を上るにつれ、雪が道路に結構積もっているのが見えた。
ホテルに到着して、バスを降りると雪がだいぶ降っていて、路面も雪でかなり滑りやすい。友達はすべりこけていた。
けど、この程度の雪は熊本でも見たことがある気がする。昨年の修学旅行はすごかったらしい。ものすごい量の雪が降ってて、初めて長野に行った熊本人はすごく驚いたらしい。
部屋に行く。部屋は3階である。たしかホテルは5階立てか6階立てだったと思う。いかにも修学旅行生用のホテルという感じである。部屋に入ってからまた携帯の電源でも入れる。水夏氏とジャスバルと母などからメールが来ていた。このようにメールしてもらうのは非常にうれしい。
それから夕飯食う。夕飯はバイキングである。料理もかなりおいしい。それから風呂に入る。大浴場である。他人と風呂入ったりするの嫌いだが、だからといって先生に「一人で入りたい」などというのも面倒だったので、みんなと入る。
風呂上がってから、明日から二日間あるスキーの靴あわせに行く。12月はじめごろに学校でスキー靴と服の大きさ(というか身長と体重や足の大きさなどを書いた。)を書く紙が配られて、それに書いたものの大きさみたいなのが置いてあるようだ。おれは足が大きいが、ちゃんと入った。
部屋に戻って、部屋にすでに置いてあったスキーの服を取る。これも服やゴーグルなどがセットになって一人一人、透明の袋に入っていて中に小さな紙が入ってて、それに自分の名前が書いてあるものを取る。服もちゃんと入った。丁度良い。

それからは布団でも敷いて寝る準備でもやる。おれは布団を暖房の前に置いた。ただでさえ部屋は暖かすぎるのに暖房前とか暖かすぎである。弱・中・強とあって弱にしているが、弱で効きすぎだ。強とかしたら溶けるかもしれない。(何
暖かいのだが、窓を開けてはいけないらしい。暖かいときは暖房を切ればいいと言われた。なぜ開けてはならないかというと、開けているとサルが入ってくるらしいからである。
窓は二重になっているようだ。雪国っていうか北国っていうのはこうなっているのだろうか。友達は窓と窓の間にペットボトルの飲み物を置いてそこを「冷蔵庫」、窓の外を「冷凍庫」などと称して利用していた。ちなみに窓の外の冷凍庫からはこのホテルに泊まっていた数日の間に何度か1階に飲み物が落下していた。冷凍庫も冷蔵庫も部屋の中にあるのにさw
まぁ結局、窓は開けていたわけだが。サルはこなかったし、このホテルに泊まっている間にサルが来た部屋もなかったようだ。

そして寝る時間となる。22:30である。おれは布団にもぐる。なんのかんのいって、バスとかで移動するのは大好きでこの日は移動だけだったがおれにとってはすごく楽しかった。
友達は寝ない。そしてさらにかなりうざい。何かUNOみたいなのをはじめやがる。うぜえんだよ黙ってやれ。おれは寝たいのに騒ぎやがる。さらに、おれの部屋にはかなりの馬鹿が一人いて、そいつの生活態度が糞である。ゴミをそこらへんに散らかしやがる。馬鹿じゃねえの。
日ごろのこいつの生活とこいつの部屋を見てみたいものだ。来年はこいつと同じクラスにならないことを祈ろう。心から祈っている。ていうか、出席日数不足だったり成績がまずかったりするあいつが進級できるのかもわからんが。
あ、おれも進級できるかわからんけど。成績やばいもん(死
そんなこんなで結局1時近くまで騒ぎやがる。そして例によって先生の足音が部屋の外から聞こえると電気とテレビを消してみんな布団に特攻をかける。0:30ごろからおれも読書する。眠れないから暇つぶしである。
結局1:30ごろになると、その馬鹿だけ起きてて、後は寝始める。そいつも急におとなしくなり寝始める。最初からこれくらいおとなしければおれだって怒りませんよ。

次の日。2日目。12月14日。
この日からはスキーである。6:30ごろ起床する。はあ、馬鹿どもの所為でちょっと睡眠不足だ。疲れてないときに睡眠不足になる分はまだ何とかなるけど、修学旅行みたいに疲れるときに睡眠不足になるのはちょっときついものがある。
7:20ごろに朝食を食べにいく。やっぱ、うまいわー。
食べ終わって部屋に戻ってスキー服を着て、ゴーグルみたいなのを頭につけておく。友達は窓の外の冷凍庫のジュースを取ると、それがちょっと凍っているらしく、「すげえ、本当に冷凍庫だし。」って言っていた。昨日は寒かったのかねえ。
それから部屋を出て地下の2階か地下3階だかで靴を履く。スキー靴はとても歩きにくい。そこから階段で1階まで上っていくのだが、非常に歩きにくい。階段からこけそうになる。こわい。生徒はエレベーターは全面使用禁止だから階段しか移動方法はないのだ。さらに片手にスキー板(っていうのかな?足につけてすべるやつ。)を持っているから余計に不安定である。その上、寒い。スキー服着てるからまだ暖かい方ではあるのだが。
そして1階に上がり、ホテルの建物前に学年全員が集合。そこでスキー学校の開校式とかいうのがある。うちの高校の学年主任が話した後、スキー学校の校長先生という人が話されて、それから生徒代表の挨拶、そして簡単に諸連絡があった後、スキー場に移動する。スキー場や山を見ると、山は真っ白である。前日は到着したときはすでに日が暮れていたために、山をはっきり見たりすることはできなかった。この朝になって初めて山を見たが、非常にきれいだ。
生徒は各班に分かれる。班は1班10人弱程度である。班に一人ずつスキー学校の先生がついている。
スキー場は近くにある。生徒は班ごとに先生についていってスキー場まで移動する。
スキー場に到着すると、スキー学校の先生はスキーをするときに手に持っている棒みたいなのをそこに置くように指示をする。最初はスキー板ですべる練習からだから、あの棒は今は使わないからそれはいらないらしい。そして班ごとに写真撮影というものがあるらしいのので、順番に班ごとに写真を撮る。それから先生がリフトに乗るときの注意点を話された。揺らしてはいけないそうだ。ん、こわいから揺らす気にもならないから大丈夫ですよ(あ
それから順番にリフトに乗る。リフトは2人1組で乗る。リフトは非常に嫌いである。特に降りるとき。昔、リフトから降りるときにすべりこけて頭を打ったことがあるのだ。
おれは、小学生のころに地区の子供会みたいなのの行事でスキーに行ったことがあり、うちの班の中では唯一、スキーをやったことがある人である。といっても1日だけしかやってないから大して他の人と変わらないが。それで大分のスキー場にいったのだが、そこでリフトに乗って、それから降りるときに滑って頭を打ったのだ。いやまぁそのときは痛かったが大したことはなかった。リフトの係の人がすぐにおれを持ち上げて進ませた。それでリフトはこわいのだ。それにおれは高所恐怖症のため、降りるときだけでなく移動中もこわいのだ。友達に「うええ、こえええ・・・」とおれは言う。友達はおれの体に触れようとしながら「ここから落とそうか?」と言う。お願いだから触らないでくれ、こわい。やめてくれ。リフトに乗ってる間はそれ以外ほとんどしゃべらなかった。
まぁ10分弱くらいだろうか。リフトは終点に近づく。終点に近づくにつれ、どきどきする。もうちょっと楽に降りれる仕組みとか作れないものだろうか。ちなみに、今回はリフトに乗るとき、スキー板みたいなのを靴につけてない。つまり手に持っている状態でリフトに乗っている。降りた瞬間より走ってリフトから離れなければならない。このスキー靴でである。ただでさえ不安定なのに雪の上をこれで走るとか、絶対にこけそうだ。と思っているうちにリフトが終点に来た。そしてそこにいた係の人が「はい、立って!走って!」と言う。その瞬間、おれと友達は立ち上がり、走る。おれも友達もこけなかったようだ。おれも今回は意外にちゃんと走れた。

以下加筆中。
[PR]
# by kabokabocha | 2007-02-04 23:37 | 一般

英検

この前の英検。準2級を受けた。
奇跡が起きないと合格は無理のようだ。自己採点したら点数が前回よりもひどいように思えた。筆記問題は最初の方はほとんど正解だった。ただ、時間配分を思い切り間違えたために後の方の長文問題などの時間がほとんどなくて、あまり正解してなかった。
今回の方が勉強多くしたんだがな。時間配分はあれだけ気をつけようと思ってたのになあorz

ちなみに、いままでで英検は6回受けたようだ。
1回目:英検5級⇒合格
2回目:英検4級⇒合格
3回目:英検3級⇒1次試験通過。2次試験が学校行事(学習発表会だったかな?)と重なったために受けれなかった。後で学校が行事と2次試験の日を重ねてしまったことを謝ってた。英検の2次試験はもしも不合格だったにしても1次試験を合格していればその試験から1年間は1次試験を免除して2次試験だけ受けられることになっている。今回も受けられないから次の試験は1次試験免除で受けられる。次回の英検の受験料については学校が負担することになった。
4回目:英検3級⇒1次試験は免除。2次試験も合格。
5回目:英検準2級⇒あと2~3点で落ちた。
6回目(今回)英検準2級⇒前回よりも結果が悪い気がする。

今回もしも不合格だったら、次で絶対合格しようと思っている。まぁ、奇跡が起きることを祈るしかない。
[PR]
# by kabokabocha | 2007-02-04 22:55 | 一般

雑記

僕のバス定期券はバレンタインの日まで。(いきなり何

最近、何かいそがしいわー。
ほら、明日は課外。明後日は英検だったりするし。ほかにもいろいろと予定はあったりする。
英検は準2級。前回受けて落ちた。今回二度目。前回はあと2点くらいだったようだ。残念である。

来週土曜日は何か部活関係の行事。

来月はここの高校の恒例行事らしい、30kmの競走歩大会というものがある。男子は制限時間5時間。女子は5時間半(女子の方が男子より30分早くスタートする形)。
30kmってねえ・・・。。まぁもちろん歩いてもいいんだが。あまり考えずに歩きっぱなしになってると、制限時間内に戻ってこれなかったりして、大変である。
それよりもおれの場合、持久力や体力というものがない。うちの高校自体、結構田舎の方にあってこの大会のコースはさらに田舎の方を通ってるらしい。おれはコースのことを知らない。
したがって、持久力や体力の消耗が早いおれにとって、ほかの友達とはぐれてしまって孤立した場合、コースがわからなくなってしまう危険性が高いということである。
部活の先輩に聞いてみたところ、一本道が多いし、保護者などこれを見てる人が立ってるから大丈夫らしいが、一度も行ったことがないので心配である。
中学校のころのマラソン大会は11kmだったから、その3倍弱である。まぁ歩いていいにしろ、3倍弱もあるのはきつい。
やれやれorz


現箱情勢。
特に動きなし。管理の動きもないようだ。
そういやフィールサチアに謎の魔方陣が出現したようだが。なんなんだあれは。


貿箱情勢。
やる気落ち気味のようだ。
国名がフィールサチアだと現箱とかぶるので南瓜連邦共和国に変更。あー、昔の現箱での国名ね。
その他、鉄需要がかなり低下。燃料需要はそれなり。食糧需要もそれなり。
[PR]
# by kabokabocha | 2007-01-26 21:18 | 一般

高校から

携帯でブログ更新してみる。

何もかくことないけど。
[PR]
# by kabokabocha | 2007-01-19 16:58

情報とかね

正直、普通科高校では必要ないですね。
まぁちょっと前だけど履修不足云々で何かうちの県の高校以外のすべての都道府県で履修不足の高校が見つかったそうですが。なんで熊本はみつからないんだよ、これだからいつまでたっても進学率が全国でもかなり(以下略
いやまぁ進学率云々は今回はどうでもいいんですが。

まぁまず今回言いたいことを最初にちょっとだけ言うと、まぁ家庭科とか情報とか普通科高校にはいりません、ってことです。
そもそも、履修不足にいたった理由なんて少し考えりゃわかるだろうけど、進学云々が理由です。
この履修不足に関して政府の方針もどう考えても非現実的だし、政府というものは受験生の立場を考えず他人事にしか考えてないことがばればれです。
履修不足に限らず、進学校であのカリキュラムを履修するのはおかしいでしょう。受験戦争っていうか、まぁそんなもので皆必死であるのに受験に関係ない教科なんてやったところで意味がない。進学校って進学の学校なんだから無駄なことやってる暇なんてないのです。戦争中に最前線で、線香花火で和んでるようなものです。そんなことやってたら殺されますね。受験でも不合格に自ら歩んでいくようなものです。

まぁここまでは前置きっていうかあまり関係ないんだけど(死
うちの学校で情報Cとかいう教科あるんですけど。
正直、やってる意味がないと思うんですね。
あれをやってて何か意味があるのでしょうか。将来の役に立ちますかねえ。まして進学の役に立ちますかね。
将来はともかくとして、断言できるのは進学の役にはたたない、ということです。
自慢じゃないけど、今回の期末テストで情報Cのテストは1問しか間違えませんでした。おそらくクラス1位だし、学年でもほぼトップに近いでしょう。自慢じゃないです(二度目。僕は情報という教科が好きです。大好きです。将来の夢だってつい最近まで情報関係、まぁシステムエンジニアとかプログラマーとかそっち方面になりたいなあって思ってました。
大学も情報学部に進みたいなぁって思ってました。けどいくことはできません。僕は文系だから。
いくら情報で満点に近い点数とったところで、意味はないんです。理系で数学ができないとだめなんです。逆にいえば、情報のテストで0点に近いような点数とって学年最下位に近かろうが、数学とか理系の教科ができれば情報学部にいけます(もちろん文系教科も必要ですが)。じゃぁ何のために情報なんていう教科があるのでしょう。高校卒業して情報関係に就職したい人間は工業高校とか商業高校にいっておけばいい話です。僕は進学するために高校にいってるようなものです。三条とかTRTの高校に比べれば、うちの高校はレベルも低いです。おれ自体、頭悪いです。ただ、この高校のある地域ではレベルが高い、まぁ進学校のような存在です。ただ実際、全国レベルで見たら進学校とは言えないのかもしれないけど。
ただ、それとこれは関係ないと思います。情報Cなんていう糞簡単な教科を進学とまったく関係ないのにやる必要があるのか。ちなみに就職を考えてもあんなのやってたって何も意味ないですよ。
まぁ言いたいのは、情報なんてやるだけ時間の無駄ってことです。必要ないです。僕は学校に遊びにいってるわけじゃないです。学校の目的に「遊ぶところ」が入ってるのは小学校までだと思います。

僕は数学ができません。理系教科は全般的にできません。
数学なんてこの前の中間テストで0点とったし、ベネッセの模試では数学以外の教科(国語・英語)うちの高校の学年280人くらい中50位~60位くらいだったのに、数学だけ237位ですよ。
情報はできます。だけど情報学部にはいけないのです。情報Cなんて教科がいかに意味がないか、これではっきりする気がします。
文系でも情報学部にいける大学ってのはあるんですけど(今までに二つ見つけた)、おれが求めるような情報学部とは違った形だし。一つの大学は親から却下されたし(とある理由で。理由が聞きたい方は個人的にどうぞ、ここには書きたくないです)。選択肢なさすぎですよね。

だからもう情報学部なんて行く気もないです。どうせシステムエンジニアやプログラマーなんて仕事はおれには向いてないことも最近になってわかってきました。発想力ないしね。素質みたいなのがないと思えます。ただパソコンが使えりゃいいもんじゃないですしね。タイピングがそれなりに速くて、クラスの中でダントツ的スピードであったところで、結局何の意味もなしません。速いからなんだ、ってわけで。

文章がまとまらないけど、何かいろいろといやになったから書きなぐってみました。すごく読みづらい文章ですみません(いつもそうですが)。
[PR]
# by kabokabocha | 2006-12-20 00:39 | 一般

わけわかんねえ

まぁ修学旅行から復帰。
無事に帰ってきましたよ。
やっぱり熊本がいいですね。家がいいです。

まぁ詳しい話はまたそのうち書きます。


んで、現箱なんだが。
なんかわけわかんねえ。
何がおきたんだ。

とりあえず、何がおきたかあげてみよう。(?

・ジャスバル降伏
・モアナ、資本側へ(?
・ガルバディア、クバルカンへ宣戦布告(宗教云々(?
・クバルカンを守るためとかで、モアナがガルバディアへ宣戦布告

ざっとあげたらこんな感じ?
モアナの行動とかはなんか把握しきれてないけど。まぁこんな感じだろう(?
資本圏から見たガルバディアがどんなものなのかが理解できないんだが。あれ、おれが修学旅行にいくまでは完璧味方だったとおもうんだけどなあ。ん、おれの解釈がどこかで間違っているのか、そうか。まぁそのうちだんだんとわかるだろう。


ジャスバルが現箱やめるとかいってるが、やめるべきではないだろう。
「やめる」というか、それは「逃げ」である。逃げてはならない。
現箱は平和的開発系箱庭ではないというのは周知の事実だろう。したがって、自国が新生構想に基づく開発中にぼこぼこにやられたからといって、やめるというのはおかしいのだ。雰囲気や現箱のことを理解してから現箱に参入したのだろう。それならこのような言葉が出るのはおかしいと思う。ぜひぜひ、これからも現箱をつづけてもらい、大国として発展していくのを期待しよう。敗戦による0からのスタートから大国に発展するというのはかっこいいものだ。1からのスタートと0からのスタートじゃ全然違う。1というのは「有」で0ってのは「無」とかそんなものだろう。かぼちゃ的にいえば、無からのスタートから大国を作りあげるというのは、非常にかっこいいものであると思う。もちろん、簡単なことじゃないしいらいらもするだろう。それを乗り越えると現箱のおもしろさというのもわかると思うんだが。
理想論のように見えなくもないが、無から大国にすることは可能だし。グダニスクだって1年戦争で地上が廃墟になってたのに、ついこの前まで何千ターンもの間、ずっとターン賞を獲得しつづけてた超大国であっただろう。


おれの話。
復帰したので、けろきち氏から解除してもらいました。
けろきち氏のアドバイスに基づき、復帰宣言から8ターン後くらいから攻撃開始予定。
[PR]
# by kabokabocha | 2006-12-18 01:17 | 現箱

投稿テスト

携帯からの投稿テスト

ぬるぽ1
ぬるぽ2
[PR]
# by kabokabocha | 2006-12-11 18:55

携帯買ってきた

買ってきた(何

まぁdocomoです。docomoです。
やっぱ、auよりドコモがいいよ(謎
NTT系だし。(謎
なんとなく、ドコモの方がいいなーって思ったからドコモにしますた。(謎
親もドコモだしな。

ウィルコムはねえ、まぁいいところってのはあるんだけれども。
ソフトバンク?なにそれ(あ

機種はSH902i。SH902iSにしてもいいって親が言ってたけど、店の人曰く中身は大して変わらないとからしいし、デザインで選ぶことにして、まぁそこにあったSH902iとSH902iSを比べて、迷って、それからSH902iにすることにしますた。
903iになると値段も全然違うし、中身も全然違うっぽいけどね。まぁ最新機種などおれには必要ないのです(ぉ
プランはパケ・ホーダイにしますた。よかったよかった。

おれは高校が遠いから、通学に時間かかるんだよね。長いときは往復で2時間以上かかるし。普通の日でも往復で1時間半弱くらいはかかるから、その時間に暇つぶしに携帯いじってれば、結構よい暇つぶしになると思うのです。まぁ、たいてい寝てるけどな(あ

んで、12月13日から18日まで修学旅行でつ。
この前も書いたように、長野と東京。ったく都内自由見学がないとか(以下略
まぁ携帯もっていこーかなーって思ったりします。
メッセにも入れるし、暇つぶしもできるし、このブログもかけるしね。多分書かないけど(あ
まぁ、楽しんできます。てか、携帯もっていったらいけないんだよね。見つかったら没収っぽいし(死


現箱情勢。
もう閉鎖なんじゃね(あ
何か、戦争中にこうなるとか管理のうわなにをすrがsふぃあsdr(ry
早く直ってほしいです。
てか、修学旅行だからさー、修学旅行行ったら、現箱いじれないんだけど。携帯に最初からついてるフルブラウザは定額制対象外っぽいから使いたくないし。んー、現箱いじれないんだよな。多分。
jigブラウザとか高いからなあ。入れたいけどいやだな。jigは定額制の対象になるんだが。

まぁフィールサチア自由国になりますた。めでたく資本側に戻ってきましたよ。うん。
セレーニア連邦に加盟。うむむ。
さようなら、ナシバロン。
てか国名についてだが、貿箱と同じ「フィールサチア」にしたわけだが。ややこしいな。違うのにすればよかった(あ
んで、全共産主義国に宣戦布告。UFSも全共産主義国に宣戦布告。けど、その日にこんな風にデータが壊れたようになってしまったようだ。


貿箱は特に変わったところないから省略。
[PR]
# by kabokabocha | 2006-12-10 18:14 | 一般

雑記

期末テスト終了。
期末テスト途中で喘息になったため、後半はめちゃくちゃでした。
前半もめちゃくちゃだったけど(あ

何気に12月です。はやいなあ。ああ、今日は皇室の愛子さまの誕生日か。おめでとうございます。
てか今月は修学旅行だし。
長野とか東京にいくようだ。
修学旅行は長野でスキーとかやって、東京に行ってお台場(?)とかいうところにいったりいろいろするんだって。べつにお台場とかいうところには何の興味ないけど。何があるのかもしらんし。

たしか1学期だっただろうか、アンケートがあったのだ。
それは修学旅行何日目かの午後の長く空いた時間の使い方についてのアンケートだった。
二つの選択肢があった。
一つ目は、東京都内自由見学。都内を班で自由行動できるというものだ。だがこの都内見学、ある程度場所は決めておく必要があるらしい上に、その場所についてある程度調べ学習のようなことを事前にする必要があるらしいのだ。
二つ目は、ディズニーランドにいくとか。こっちは事前の調べ学習なんてものは必要ないとからしい。
んで、おれは東京都内見学を選んだ。調べ学習?それくらい別にいいじゃないか。
が、しかし、学年全体で集計をとったところ、ディズニーランドの方が多かったらしい。つまりディズニーランドの方に全員行くということである。クラスによっては、先生が何を言ったのか知らんがクラスの人間のほとんどがディズニーランドを選んだクラスもあったようだ。
ちなみに、おれの友達はほとんどが都内見学を選んでいる。だってこっちの方が断然楽しいとおれは思う。
人それぞれ価値観はあるにしても、田舎の熊本人なら都内見学を選ぶのではないだろうか。これには教師の陰謀が関わっているに違いないと推測する。東京都内とかだと、一部のバカな人間は変なところとかに行ったりして最悪の場合行方不明とか事件に巻き込まれる可能性もある。もしもそれが起きた場合、教師の責任問題とかになる。が、しかしディズニーランドならどうだろう。まさか外に出て行くやつもいないだろう。そう広くもない敷地内でしか生徒は動けないわけだから、教師としては生徒の管理が非常に楽である。事故もないはずだ。
だから、いかにも「アンケートでディズニーランドになりました。」といっておきながら、実は都内見学が多いにも関わらず、教師が投票数の操作を行ったのだろう。あ、これ推測ですよ。推測。
ちなみにディズニーランドを選んだ友達によれば、なぜ都内見学を選ばなかったかといえば、調べ学習が嫌だったから、だそうである。えー、そのくらい我慢しようよー。
わざわざ東京に行ってまでディズニーランドとかいきたくない。ってかあそこ東京じゃないし。
遊園地なら熊本の荒尾にだって三井グリーンランドがあるじゃないか。ウィキペディアによれば、三井グリーンランドは九州では最大規模。アトラクション数も80を超え、日本一。ジェットコースター数も現在日本一だそうだ。まじかよ、知らなかった、すげえ(あ
地元にそんなに良いところがあるのだ、なんでわざわざディズニーランドに行こうと思うのだろうか。おれにはわからない。

だってさ、秋葉原みたいなとこは当然、熊本にはないよ?
それにおれは皇居とかにも行きたい。「東京にしかない場所」ってのはたくさんあるのだ。東京タワーとか靖国神社とか政府機関がたくさんあるところとか。自由見学の時間でそこに行こうとか思わないのだろうか。いや、まぁおそらくある程度はバスとかから見れるのかもしれんが。多分。知らんけど。

まぁおれは東日本には行ったことがない。わざわざ遊園地に時間を潰すくらいなら、偉大なる首都をみたいと思うのだ。

まぁ修学旅行に関することはここまで。


ここからは現箱情勢。
まぁ昨日、ゆぎに「期末テスト終わったから預かり解除お願いしますー。」ってメッセで言ったのに、解除してくれてない。はやくお願いします(あ

ヴァストークは今日の午前0時より、ヴァストーク共和国(ユークトバニア社会主義連邦ヴァストーク地方)として発足。UYS内での投票権などはないが、それ以外は通常の構成国となった。とりあえず、ナシバロンがヴァストークの内部に関わることはもうないだろう。ナシバロンとしてもヴァストークとしても良いことであろう。
それにしても11月1日にナシバロンの併合状態からUYSの特別行政区になったのだが、それから1週間くらいでヴァストーク共和国として発足させようと思ったのだが、結局1ヶ月かかってしまったなあ。ん、かぼちゃがさぼってたから1ヶ月もかかったんだろって?そうかもね(死
まぁ、ヴァストーク共和国としてちゃんと発足できたのだから、良かったのです。

ほか、ベルカがQECとRpactに同時加盟するという、すごいことをやっているようだ。友好関係をたくさんの国と結ぶことはいいことかもしれないが、けど共産主義の経済軍事同盟と資本主義の経済同盟に同時加盟するってのはどうかなーっと思います。いろいろな場面でベルカも含めいろいろな人が混乱するのではないのだろうか。まぁベルカにも考えがあってこうしたのだろう。まぁその事情を知らないおれがむやみに非難するわけにもいかないので、とりあえず、ベルカの考えを聞いてみたいものです。

次、旭。そういやナシバロンが非難声明出してたけど、期末テストはさまってしまって、何かこれ以上、この件を続けにくくなった気がする。

ただね、
臨時政府 : 千里馬躍進大成功!!旭マンセー!!マンセー!!マンセー!!
これはないよ。党の代表者名の件とか見る限り、ほとんど空気を読んでいない。
現箱向けじゃないと思う。てか現箱の雰囲気感じてて、このコメントがおかしいとか気づかないのだろうか。
管理も管理として何か言ってほしい気がする。


あと、何か現箱共同Newsで資本圏で何か嫌な予感のする動きを確認している。非常に気になるところである。

現箱の話終わり。

多分、このブログで扱うのは初めての新貿易版箱庭諸国。貿箱。管理人はTRT氏である。
箱庭諸島S.E.+貿易にて運用をしている。
おれの扱う国はフィールサチア連邦共和国である。
英語だと、Feelsatian Federal Republicである。Federal Republic of Feelsatiaにしようかなあとも思うのだが。略すると、前者がFFR、後者がFRFである。後者の方が略称はかっこいいんだがなあ。
また、スクリプトの改造もよく行われており、元のS.E+貿易よりも、かなり充実したものとなってきている。

主要産業は現在のところ、鉄である。チバラギなどの資金援助によりL5にて運用している。
そのチバラギがフィールサチア鉄鉱を独占しようとしたために、シュツルムとかブリュノールとかが非難声明を出した。貿箱初の対立的な外交イベントがフィールサチアの鉄をめぐって行われるというのは、まぁおれとしてはうれしいことである。
まぁこの問題は比較的早いうちに解決できたが。


「新貿易版箱庭諸国」って名前、現箱から思い切り引っ張ってきてるなあ、もっと変えてもよかった気がしないでもない。


(12月2日2:25追記)
わーい、ナシバロン管理預かり解除されてる。
あと、オーグス・レーン首相は老齢を理由に辞任。後継には旧ヴァストーク管理庁の長官であったニミル・フレッド氏が就任。
[PR]
# by kabokabocha | 2006-12-01 17:02 | 一般